マクロビオティック酵素の総代理店 マクロビオティックANB(エー・エヌ・ビー)ジャパン株式会社 ANB JAPAN

腸内フローラについて

人間の腸内には5000種類以上、100兆個にも及ぶ様々な細菌・微生物が生きています。

腸内の細菌・微生物を顕微鏡で見ると、まるで腸内に咲くお花畑のようだということから、体内のお花畑「腸内フローラ」と名付けられました。

腸内細菌には「善玉菌」と「悪玉菌」、そして状況に応じて働きを変える「日和見菌」の3つのグループにわけられます。
「善玉菌」は身体に良い働きをし、「悪玉菌」は腸内のたんぱく質を腐敗させ有害な物質を作ります。
「日和見菌」は、善玉菌と悪玉菌のバランスにより働きが変わり、悪玉菌が優勢の場合は悪玉菌と同様の働きをします。
腸内細菌のバランスは健康と深く関わりがあります。

現代日本人の腸内は、悪玉菌の割合が多いと言われております。
「悪玉菌」は、脂肪分の多い肉類や砂糖、薬や食品添加物などの化学合成物質を多く取ることにより増加します。
また、加齢や睡眠不足、運動不足、疲労、ストレスなども原因となります。
悪玉菌を減らすためには規則正しいストレスのない生活と、食生活の見直しが重要です。

その他、腸内環境改善のためには「善玉菌」を増やすことも大切です。
腸内環境が良くなる食事は、植物性タンパク質、食物繊維、ミネラル、ビタミンなどをバランス良く含む食事です。加えて、発酵食品を取るのもよいとされています。

女性のウエストの写真